News & Topics

2019年 8月23日

化学反応における微量中間体の直接構造解析に成功し、Nature Communicationsに発表されました

東京大学大学院理学系研究科化学専攻の中村栄一特任教授、原野幸治特任准教授らの研究グループは、化学反応の中で次々と生成しては消えていく中間的生成物(反応中間体)の一分子一分子を溶液中で捕捉し、これまで未知であった反応中間体の構造を原子分解能電子顕微鏡観察により決定することに成功しました。

https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2019/6507

本研究では elbis の高速シミュレーションを用いた解析が行われました。


雑誌名:Nature Communications

論文URL:https://www.nature.com/articles/s41467-019-11564-4

論文名:Atomistic structures and dynamics of prenucleation clusters in MOF-2 and MOF-5 syntheses

著者:Junfei Xing, Luca Schweighauser, Satoshi Okada, Koji Harano, Eiichi Nakamura

Categories:

Tags:

Comments are closed