作業負荷自動計測システム

PosCheck

OWAS法アルゴリズムの活用で
作業の見える化に一歩前進!

3Dカメラで撮影するだけで、作業者の負荷を自動判定

  • 作業者の姿勢を立体的に計測して、作業負荷を定量的にとらえることが可能です。
  • 無人でスケジュールに従って1秒単位で計測します。
  • 腰痛予防や、作業環境の改善にご使用いただけます。

 PosCheckに関する資料請求はこちら

手軽な立体計測を実現

マーカなどが不要で、人体の骨格を立体的に捉え、その姿勢負荷を数値化することに成功しました。
計測に必要な機材も全てセットになっているため、直ぐにご導入いただけます。

人の肩幅、腰幅、上体の傾斜角度など立体データ30項目以上を、1秒単位で計測することで姿勢を的確に捉えます。

PosCheck の解析動画

PosCheckによる姿勢解析の様子を動画にてご紹介しております。

  • 作業者の動作に合わせた解析画面
  • 三次元立体姿勢の計測を1秒ごとに行う様子
  • 立位、前曲げ、後ろ曲げなど30項目以上の姿勢をデータ化

OWAS法とは

OWAS法とは、姿勢計測の分析方法です。

OWAS法とは、フィンランドで開発された、姿勢計測の分析方法です。
姿勢分類と評価基準によって作業姿勢を4段階のアクションカテゴリ(AC1〜AC4)にて判定し、リスクを評価します。

作業姿勢の立位、前傾、後傾、中腰等全身の姿勢評価が可能で、特別な用具を必要としない点や評価基準が整備されていることから、標準的な姿勢判断法として国際的に用いられています

AC1:この姿勢による筋骨格系負担は問題ない。改善は不要である。
AC2:この姿勢は筋骨格系に有害である。近いうちに改善すべきである。
AC3:この姿勢は筋骨格系に有害である。できるだけ早期に改善すべきである。
AC3:この姿勢は筋骨格系に非常に有害である。ただちに改善すべきである。

PosCheckはOWAS法アルゴリズムを用いて判定するため、評価者によるバラつきのない、より精度の高い測定を定量的に行えます。

※PosCheck-101では、上記表における「③下肢-7歩くまたは移動する」についての計測・評価は含まれません。

導入事例

工場などの作業現場からスポーツ・トレーニング環境、
見守り医療や介護現場など様々な環境でご活用いただけます。

作業現場

  • 危険な姿勢の発見や、事故発生時の定量的把握
  • 工程別の作業負荷量の把握
  • 危険な姿勢の発見や、事故発生時の定量的把握

リハビリ・トレーニング

  • 姿勢の立体的把握(関節間の角度計測)
  • 経時的変化の定量的把握

見守り・介護

  • プライバシーを守っての行動把握

6つの特徴と解析システム

PosCheckの6つの特徴

01

簡単な設定で、計測を自動開始

02

最新AIと立体計測技術の合体で、姿勢を計測

03

作業負荷をOWAS法 *1 に基づいて自動判定

04

1秒単位で、12時間継続計測可能

05

立位・前屈・後屈・膝曲げ、 腕上げ等の姿勢を自動判定

06

作業負荷の時系列変化の 見える化を実現

*1:OWAS (オワス) 法 (Ovako Working Posture Analyzing System)
作業姿勢の立位、前傾、後傾、中腰等を判断する標準的な姿勢判断法として国際的に用いられています

計測結果の表示画面

計測結果の数値データ

計測結果の数値データは全てCSVファイルで、画像はpngファイルで保存されますので、データの再利用が容易に行えます。

時系列での姿勢負荷の変化を表示

3Dカメラで撮影するだけで、作業者の負荷を自動判定!

導入のメリット

  • デジタル化を活用した新しい現場改善、生産性向上が可能
  • 作業者の負荷の数値化により、問題点と対策を明確化
  • 改善前と改善後の比較により、効果のエビデンスとして活用可能

製品のセット内容

PosCheckはカメラ、三脚、パソコン類など、計測に必要な機材が全てセットになっているため、簡単に導入が行えます。

セット内容

  • 立体計測用カメラ
  • 三脚
  • 3次元姿勢解析用パソコン
  • その他電源ユニット
  • ケーブル一式

資料ダウンロード

PosCheckに関する資料のダウンロードはこちら

パンフレット資料をPDFファイルにてダウンロードいただけます。

お問い合せ

PosCheckの導入をご検討中の方は、以下よりお気軽にご連絡下さい。

ご購入に関するご相談、使用環境の確認、お見積りのご依頼、
ご購入後のサポート等、お気軽にお問い合わせください。